CATEGORY 生き物

毎週金曜日は可愛い生き物をゆるく紹介! Re: ミックスジュースの癒しカテゴリー。 ミックスジュースでいうところのミルクの部分。 このカテゴリーがジュースのまろやかさを決める!

ウグイスは美しい鳴き声で春を告げる!メジロとの違いも解説

桜が満開になり、華やかな気持ちでいっぱいの今日この頃。 以前、同じ春告鳥でもあり、ウグイスと勘違いしやすい鳥としてメジロを紹介しました。 「春は梅にメジロが目白押し!ウグイスとの違いも解説」はこちら 今回は、満を持して(?)の、ウグイスです。 ホーホケキョ!

小笠原で猛威を振るう特定外来生物グリーンアノールは実に面白い生き物

“東洋のガラパゴス”といわれる小笠原諸島。 2011年に世界自然遺産に登録されましたが、登録される前に課題となったのが、 外来生物による影響が激しすぎるということ。 その時話題になった動物がいたことを覚えていますか? この動物だけを見ていると可愛いのですが、日本では厄介な外来生物。 今回はグリーンアノールの紹介です!

瀬戸内の春告魚イカナゴは夏を寝て過ごす

昨日“季節の情報”としていかなご漁のお話をさせていただきました。 不漁が深刻な問題となっているそんなイカナゴですが、 生き物として見てみた時にどんな生き物なのでしょうか? 普段食べ物としてしか見ていないイカナゴを今回は生き物として紹介したいと思います。

春は梅にメジロが目白押し!ウグイスとの違いも解説

もうすぐ春、鳥たちのさえずりにも活気が出てくる季節がやってきますね。 春の鳥と言えば、 “あの鳥”そして“あの鳴き声”。 梅の花に誘われて、“あの鳥”が稀に姿を見せてくれると嬉しくなりますよね。 そう「ホーホケキョ」と鳴く、“あの鳥”。 …それ本当にウグイスですか? 今回はウグイスだと勘違いされている方も多い、メジロという春の鳥の紹介です。

熱帯のシンボル!アカメアマガエルはオタマジャクシの生き残り戦略が凄かった

色鮮やかなカエルといえば毒を持っているイメージと結びつきますよね。 しかし、今回紹介するカエルは色鮮やかなのに毒を持たないカエルです。 特徴的な見た目から、様々なデザインのモチーフにされることが多いので、見たことがある方も多いのではないでしょうか? 今回はアカメアマガエルの紹介をします! 可愛いですよ。

実は外来生物ニホンヤモリの手と目に備わった驚きの機能とは

ヤモリは好きですか? 好きか嫌いかで言うと嫌いな方の方が多いという印象があります。 ペットショップにいるヒョウモントカゲモドキというヤモリなんかは意外と人気がありますが、家に張り付いているイモリはやっぱり…みたいな感じでしょうか。 毎週金曜日の生き物紹介、一番最初に紹介した生き物はアカハライモリでした。 その際にイモリとヤモリの違いも紹介しました。 「可愛いぞ!アカハライモリ」はこちら 今回は満を […]

生きた化石!南米アマゾン最大の淡水魚ピラルクー

アマゾン川、それは南米大陸を大西洋に向かって横切る大きな川。 支流がめちゃめちゃ多い為、 世界最大の流域面積を誇っており、それがゆえに淡水魚の宝庫となっています。 日本に住む私たちは“アマゾンの生き物”って聞くだけでドキドキとワクワクが増してしまいますよね。 今回はそんなアマゾン川に棲む南米最大の淡水魚ピラルクーを紹介しましょう!

ヒナの可愛さに癒されるコウテイペンギンは世界一過酷な子育てをする鳥!?

皆様好きですよね、ペンギン。 あのヨチヨチと歩く飛べない鳥に、今までどれだけ癒されてきたことか。 そんなペンギンでも、コウテイペンギンは世界で最も過酷な気候で子育てをする鳥と言われており、 当の彼らはなかなか癒される瞬間がありません。 今回はそんなコウテイペンギンの紹介です。

呼び方いっぱいあるけど(メキシコサンショウウオ・アホロートル)ウーパールーパーは可愛いぞ!

皆様ウーパールーパーは好きですか? 意外と好きだという人も多いウーパールーパー。 トカゲやイモリやカエルはダメだけどウーパールーパーは大丈夫という方もいますよね。 実はこのウーパールーパーと呼ばれている生き物は正式にはメキシコサンショウウオといい、さらには多くの人が正式名称だと思っているアホロートルという名称も幼形成熟した状態を指す名称です。 今回はこのウーパールーパー(メキシコサンショウウオ)の […]

尻尾の中身は意外な事実!毒を持つガラガラヘビは頭を落としても要注意!

蛇って毛嫌いされる生き物ですよね。 でも一時代を築き少しだけ愛された蛇も存在します。 ガラガラヘビです。 とんねるずの歌で「ガラガラヘビがやってくる」というものがありました。 懐かしいとお思いの方もいますよね。 今回はガラガラヘビを紹介したいと思います。

1 3