生き物

2/3ページ

ジョーズのモデル!あのメガロドンを絶滅に追い込んだホオジロザメ(ホホジロザメ)という最強の魚類

海に生息する生き物で漠然と怖い生き物を想像すると真っ先に想像してしまうサメ。 時々ニュースでも、「サーファーが襲われた!」と耳にする事もありますよね。 今回はそんなサメの中でも、「白い死神」や「海の殺し屋」等と恐れられ、特に危険なホオジロザメに関してご紹介します。

ハチドリという小さな鳥に隠された身体能力!日本でも見られるって本当?

ハチドリというとても小さな鳥をご存知でしょうか。 上のイラストはミドリハチドリという種類のハチドリのイラストです。 なんとなく知っている方も多いのではないでしょうか。 細かく分けると多くの種類がいますが、今回は“ハチドリ”と総称される鳥の魅力を紹介したいと思います。

ウリ坊の可愛さはどこへ?実は危険なイノシシ

周囲の人や状況を考えず、一つの物事に突き進む様。 そう、「猪突猛進」の意味です。 2019年、 亥年だけに「猪突猛進で頑張ります!」みたいな抱負を掲げた方はいませんか? 意外といい意味ではないですね。 今回は、目標に向かって一直線なイノシシを紹介しましょう!

沖縄でイモリと言ったらこいつ!シリケンイモリも可愛いぞ!

イモリって可愛いですよね。 そう思っているのは私みたいに少数の人だけかもかもしれませんが…。 以前、アカハライモリについてお伝えしました。 「可愛いぞ!アカハライモリ」はこちら 一般的に、“イモリ”と言うと多くの方がこのアカハライモリをイメージすると思いますが、 実は日本にもう1種ペットとしても人気のあるイモリがいるのはご存知でしょうか? 今回は、日本に2種類いる両生綱有尾目イモリ科イモリ属からシ […]

浦島太郎に出てくる亀?世界中の海洋を泳ぐアカウミガメ

以前に縁起物として扱われる生き物として、鶴の仲間から日本で馴染みの深いタンチョウを紹介しました。 「江戸時代に日本各地で見られたタンチョウは、また日本各地で見られる?」はこちら 鶴と双璧を成す形で縁起物として扱われる生き物に亀もありますよね。 今回は、亀は亀でも、日本でも馴染みの深い海亀、アカウミガメを紹介します。

江戸時代に日本各地で見られたタンチョウは、また日本各地で見られる?

もうすぐお正月ですね。 お正月に縁起の良いものといえば、何を思い浮かべますか? 以前に当ブログでも記事を書かせてもらいました、おせちも縁起物ですよね。 「新年の縁起物おせち料理って一体なんだろう?」はこちら 植物では松や竹もお正月の縁起物として使われますよね。 では、生き物で言うと、どんな動物が思い浮かびますか? 今回は、日本に馴染みの深い縁起の良い鳥、鶴から、タンチョウを紹介したいと思います。

第三の眼を持つ恐竜の末裔!ムカシトカゲは今も生きています

皆様、 ムカシトカゲという爬虫類をご存知ですか? 昔のトカゲと言うと、恐竜を想像する方も多いとは思いますが、このムカシトカゲという生き物は、2億年前から姿が変わらず、“恐竜の末裔”なんて呼ばれています。 ちなみにティラノサウルスが生きていたとされるのが、約6850万〜6550万年前とされています。 そんなトカゲが今も生きていると思うとワクワクしますよね。 今回はそんなムカシトカゲを紹介します。

幻想的な鵜飼いで大活躍するウミウはカワウとどう違う!?違いと簡単な見分け方も解説

皆様、鵜飼いを見られた事はありますか? 一度見るとその幻想的な光景に虜になりますよね。 その鵜飼い、鵜は鵜なのですが、川で見られる鵜飼いなのに、カワウではなくウミウを使用しているってご存知でした? 今回はウミウのご紹介をしましょう。