秋はオータム?それともフォール?意外と大事な使い分け

秋はオータム?それともフォール?意外と大事な使い分け


秋も深まってきました。
少し肌寒いなと感じる日々が続き、朝布団から出るのも億劫になっていませんか?
そんな秋ですが、秋ってautumn(オータム)ですか?
それともfall(フォール)ですか?
どっちも“秋”という意味だとは分かりますが、一体どう違うのでしょうか。
今回はそんなお話です。

Advertisement

日常的に目にする方

中学校の時に学校で習った秋という意味の英語は“fall(フォール)”です。
しかし、

日常的に目にする秋を意味する英語ってほとんど“autumn(オータム)”ではないでしょうか?

「オータムセール」「オータムジャンボ宝くじ」なんて言う言葉を普段目にしますよね。
むしろ日常で「フォールなんたら〜」と言った言葉は皆無ではないでしょうか?

使われている国による違い

実はこの“fall(フォール)”と“autumn(オータム)”は使われている国に違いがありました。

秋を“fall(フォール)”として使っている主な国:アメリカ・カナダ
秋を“autumn(オータム)”として使っている主な国:イギリス・オーストラリア・ニュージーランド

要するに、

「“fall(フォール)”はアメリカ英語」、「“autumn(オータム)”はイギリス英語」という事になります。

そもそもの語源

“fall(フォール)”は他にも「落ちる」という意味がありますよね?
滝の事もフォールと言います。
秋になると、日本でも落ち葉が増えてきますよね?
葉っぱが“落ちる”というところから、秋を“fall(フォール)”としたのです。
イギリスでもそもそも秋は“fall(フォール)”でした。
アメリカ大陸は多くのヨーロッパ諸国の植民地となり、イギリスもアメリカ大陸に多くの植民地を持っていました。
もちろんイギリスから多くの移民がアメリカに渡って行った時は、まだ秋と言えば“fall(フォール)”でした。
その影響で、アメリカやカナダでは秋と言えば“fall(フォール)”となっている一方で、その後フランスからイギリスに“autumn(オータム)”という言葉が入ってきました。
“autumn(オータム)”はラテン語で「収穫期」を意味する言葉です。
秋は収穫の季節でもありますよね。
「落ちる」よりも「収穫」というポジティブな言葉は当時のイギリス人にとって使いやすかったのでしょう。
たちまちイギリスでは“fall(フォール)”という言葉は廃れていきました。

日本でのオータム

日本の英語教育はアメリカ英語がベースになっています。
なので、学校で教えられる秋を意味する英単語は“fall(フォール)”なのです。
巷では、秋になると「オータムなんたら〜」が溢れかえりますが、

テストでは“fall(フォール)”を使うのが無難かもしれませんね。

かといって“autumn(オータム)”も間違いではないし、後述します意味合いでの使い分けが出来るようにもこの際なっておきましょう。

意味合いでの使い分け

“fall(フォール)”はアメリカ英語で、“autumn(オータム)”はイギリス英語だと分かりました。
日本はアメリカ英語を主体に教育しているともお伝えしました。
では、世の中に溢れている「オータムなんとか〜」も「フォールなんとか〜」でもいいのではと思いますよね。
確かに「フォールバーゲン!」でも「フォールジャンボ宝くじ」でも問題はないでしょう。
しかし、意味合いを考えると、フォールのようにネガティブな要素を含むよりも、オータムのようにポジティブな要素を含むもので表記した方が気持ちはいいですよね。
日本は特にそういった部分は気にしますよね。
結婚式でも「ケーキカット」ではなく「ケーキ入刀」です。

言葉の持つ意味を考えてオータムを使っているのでしょう。

実はこれ、アメリカでも言える事なんですよ。
アメリカでは“fall(フォール)”を一般的に使いますよね?
しかし、

アメリカで制作された【オータム・イン・ニューヨーク】という映画はご存知ですか?

リチャード・ギアとウィノナ・ライダー出演の結構昔に公開された、ちょっとほろ苦い恋愛映画なのですが、不思議な事に気付きませんか?

アメリカなのに“オータム”なんですよ。

もし【フォール・イン・ニューヨーク】というタイトルの映画だったらどうでしょうか?
なんだか「ニューヨークに落ちた」というニュアンスではタイトルだけを聞いた時の印象が大分違いますよね?
なので、アメリカでも意味合いでオータムを使うことがあるのですよ。

まとめ

“fall(フォール)”はアメリカ英語で“autumn(オータム)”はイギリス英語。

時々、“autumn(オータム)”はフォーマルな場所で使える英語で、“fall(フォール)”は日常的に使える英語と聞く事もありますが、そういうわけではなく、オータムをフォーマルな場所で使う方があくまで“無難”と言えるでしょう。
フォールにはネガティブな要素もありますので、使うシーンによっては受け取られる印象が変わってきます。
“fall(フォール)”を使い続けるのが、言葉遊びをするアメリカン人らしいなと感じますよね。
どちらも秋ですが、意味合いによって使い分ける事が大事になってきます。
使い間違えても、会話であればちゃんと理解してくれますけどね。

Advertisement

季節の情報カテゴリの最新記事