インドとスリランカを小さなカップに詰め込みました!ハーゲンダッツ「紅茶ラテ〜アッサム&ディンブラ〜」

NO IMAGE
出典:ハーゲンダッツ ジャパン Häagen-Dazs

春の華やかさも一先ず落ち着き、

新生活をスタートされた方もそろそろ新しい環境に慣れてきた頃ではないでしょうか?

そしてもうすぐ楽しいゴールデンウィーク!!
頑張った自分へのご褒美にピッタリなハーゲンダッツの新商品が発売されましたね。

Advertisement

基本情報


商品名:ハーゲンダッツ ミニカップ 紅茶ラテ〜アッサム&ディンブラ〜
発売日:2019年4月23日
販売場所:全国のスーパー・コンビニ
公式ホームページ

食べてみた感想

まずこの新商品で真っ先に気になるところはここではないでしょうか。
そう、2種類の紅茶のフレーバーを使用しているというところ。
アイスの紅茶味でそんな違いを表現できるのか、疑問で仕方がありませんよね。

まずフタを開けてみると、綺麗な渦巻マーブル模様でした。

どちらかがアッサムでどちらかがディンブラという事ですね。
片方ずつまずはスクープして口に運んでみました。
そうすると、

なんと味の違いがあるではありませんか!!

濃厚でコクのある方と、爽やかで香りの豊かな方。
どちらがどちらと聞かれると、正直分かりませんが、2種類の紅茶味で味の違いを出して同じカップに収めるという部分がなんとも面白い発想ですよね。
そして同時に口に運んでもやっぱり美味しい。
紅茶の香りとラテのミルク感で、満足で幸せな時間を過ごせました。

個人的おすすめ度

★☆☆☆☆:開発責任者にGOサインを出せた理由を聞きたいクラス
★★☆☆☆:ガリガリ君を4個買った方が満足出来たんじゃないかと思ったクラス
★★★☆☆:充分美味しいがネタ切れ感を少し感じたクラス
★★★★☆:1週間仕事を頑張った自分へのご褒美にもってこいなクラス
★★★★★:一口食べた瞬間からまた買うと確信したクラス

余談

今回、2種類の紅茶をテーマに出された商品ですが、私のように紅茶に詳しくない人間にとってはアッサムとディンブラの違いなんて正直分かりません…。
そこでちょっと興味を持って調べてみたところ、アッサムは北東インドのブラマプトラ河の両岸に広がるアッサム平原で摘まれた紅茶で、甘みが強くコクのある味わいで特にミルクティーに向いているようです。
もう一方のディンブラは、スリランカ山岳部で摘まれた紅茶で、華やかな香りがあり、マイルドでありながら強いフレーバーが特徴のようです。
なるほど、それらの特徴を加味した上で味付けを変え2種類を同じカップに収めたわけですね。

…あ、その知識を持った上でもう1つ食べたくなってきましたね。

まとめ

Advertisement

レビューカテゴリの最新記事