WordPress(ワードプレス)5.0へ更新して使いにくくなった!そんな時の“Classic Editor”

WordPress(ワードプレス)5.0へ更新して使いにくくなった!そんな時の“Classic Editor”


WordPress(ワードプレス)5.0が公開されました。
ブログを楽しんでおられる皆様もバージョンアップはもう済まされましたか?

とても使い勝手が悪いと評判ですよね!

それもそのはず、大幅なバージョンアップですからね。
私もまだ正直全てを使いこなせていません。
今回は、WordPress 5.0の大きく変わった部分と、「バージョンアップして使い辛くなった!元に戻してくれ!」という方の為のプラグインをご紹介したいと思います。

Advertisement

WordPressのバージョンアップに際して

そもそもバージョンの数字を見たときに、“4.9.3”のように3つ数字が並んでいますよね。

“4.9.3”から“4.9.4”にバージョンアップ!

これはそこまで気にしなくてもいいバージョンアップです。
ちょっとした修正が施された時とかは、こんな感じで数字が増えていきます。

“4.8.2”から“4.9.0”にバージョンアップ!

これは機能的に変更があった場合に、施されるバージョンアップで、何気なく使っていても、「あれ?」と思うような部分が変更されていたりします。

“4.9.4”から“5.0.0”にバージョンアップ!

今回のバージョンアップがこのタイプとなります。
大幅に変更がされたという事になります。
多くの場合は、開発者がメリットを考えて大幅な変更を施すのですが、利用者にとっては、勝手が全く変わってしまうので、とても使いにくい印象に陥ります。
ちなみに、“WordPress 4.0”がリリースされてから、“WordPress 5.0”に至るまでの期間は4年ちょっととなります。
人によっては、4年使い慣れたものが、急に変わるわけですから、困惑してしまうと思います。
かくいう私も、今年の8月からと短い期間ですが、ようやく慣れ始めてきたものが、急に無くなってしまったという印象です。
また、人によってはプラグイン絡みの不具合も報告されていますので、バージョンアップは慎重にして下さい。

WordPress 5.0になって大きく変わった部分

WordPressを利用されている方の中には、“使い辛い!”という感想を目の当たりにして、バージョンアップを保留させている方もいるのではないでしょうか?
しかし、いつまでも放っておけない問題ではあると思います。
セキュリティーの問題や、導入しているプラグインの問題もあり、いつかはバージョンアップしなくてはいけません。
では、一体どこが大きく変わったのでしょうか?
まず下の画像を見て下さい。

もう散々見慣れた新規投稿画面ですよね?
お使いのテーマによって個人差はあると思いますが、大体こんな感じの投稿画面だと思います。
WordPress 5.0にバージョンアップして、始めて[新規投稿]をクリックした時、「は?」となった投稿画面が下のものです。

“Gutenberg”というエディタなのですが、従来のように、

[ビジュアル]と[テキスト]のようなものも存在しません。

ブロックごとに構成していく仕様で、「見出し」「画像」「文章」とブロックにしていかないといけないようです。
これが、なかなか使い勝手が悪い!
例えば、文章を書く際に、エディタ上で文章を書いている方がいましたら、とても使いやすいのではないかと感じました。
しかし、多くの方は、他の場所で文章を書いて、投稿の際にコピペしますよね?
そういった場合、

後からブロックを分けていく作業がとても邪魔くさい!

この辺り、また別の機会にブログ内で紹介していけたらと思いますが、今回はそんな煩わしさを抱えた方が、一旦慣れるまでの間どうしたらいいのかを先にご紹介致します。

WordPress 5.0にバージョンアップ後も今までと同じように投稿する方法

上述しましたように、多くの方がバージョンアップをしたが元に戻したいと思った事でしょう。
ただ、もしプラグイン等に不具合がなければ、ダウングレードするのでは無く、新たにプラグインを導入して欲しいです。
そのプラグインが「Classic Editor」というもの。

こちらのプラグインをインストールし、有効にする事で、従来の投稿画面での投稿が可能になります。

ただ、このプラグインもいつまで使えるか分かりませんので、1,2年以内には新しいエディタに慣れていった方がいいかもしれません。
(一応公式には2021年いっぱいまでは、サポートされるとあります。)
何よりもバージョンアップを施したからには、投稿に関してもメリットがあるわけだと考えますので、個人の慣れの問題でそれを棒に振るのもいかがなものかと思います。
こういったものを扱う身としては、新しいものはどんどんと吸収していかないといけないのではとも思います。

まとめ

WordPress(ワードプレス)5.0にバージョンアップして、皆様はしっかりと使いこなせていますか?
大きく変わった部分として、“Gutenberg”というエディタを挙げました。
新しいエディタに慣れない方の為に、“Classic Editor”というプラグインもありますので、慣れるまではこちらのプラグインを使用してみてはいかがでしょうか。
また、新バージョンの使い方もいつかご紹介致しますので、しばらくお待ちください。

Advertisement

ブログ運営カテゴリの最新記事