摂りすぎとおさらば!続けられる減塩習慣

摂りすぎとおさらば!続けられる減塩習慣


前回の記事では、塩分の摂り過ぎにどういったリスクがあるのかをお伝えしました。

減塩をしようと思っていても、なかなか難しかったりしますよね。
今回は、健康の為に続けられる減塩の習慣をお伝えします。

Advertisement

旬の食材を使う

旬の食材はとても美味しいです。

最近ではスーパーに行くと、大体の食材が旬の時期に関係なく売られています。
しかし、旬ではない食材や、冷凍保存されていた食材等は、本来の鮮度ある味や香りが感じれなくなり、調理をする際についつい濃い味付けになってしまう傾向にあります。
せっかく四季のある日本に住んでいるので、旬の食材を使って料理を、そして食材そのものの味を楽しみましょう。
何よりも旬の食材は、その時期においての生産量が多くなりますので、値段もお手頃で無理なく続けられるというメリットもあります。

調味料を見直す

日本には「料理のさしすせそ」という言葉があります。
私達に馴染みの深い調味料ですが、よくよく見てみると、この5つの内2つが塩分の高い調味料で、1つは塩そのものですよね。

日本人が塩を摂り過ぎる原因は、料理をする上での基本にあります。

最近では安価に作られた調味料が多く、お財布には優しいのですが、そこに大きな落とし穴があります。
安価に作られた調味料であればあるほど塩分の占める割合が高くなります。
出来るだけ、伝統的な製法で作られた醤油や味噌を使って下さい。
これらは、塩分の量が安価なものに比べて少ないだけではなく、旨味や香りが高いので、使用する量も自ずと抑えられる事になります。
これは、醤油や味噌だけに限らず、ポン酢やドレッシング等の調味料にも同じ事が言えます。
また、市販のだしの素にも塩分が必要以上に添加されていますので、出汁を取る際にも、自ら昆布や鰹節等から取る方が減塩に効果があると言えます。

塩はミネラルの多い塩を使う

以前の記事でも少し触れましたが、使う塩にも注意が必要です。

「食塩」と表記されているものは、99.5%以上が塩である製品です。

一方で、本来の製法で作られた「塩」は他のミネラル分も多く含んでいますので、普段塩を使用する際は、そいったミネラル分の多い塩を使うように心がけて下さい。
こちらも調味料同様に、天然の塩ほど旨味や風味がいいので、自ずと塩の使用量が抑えられます。

Advertisement

ハーブや香辛料を上手に使う

日本人は他のどの国に比べても健康であると、どこか甘い考えを持っていませんか?
確かに、平均寿命を見ても日本は優秀です。
しかし、塩分の摂り過ぎが招く病気に関しては諸外国に比べ上位です。
これには日本特有の料理の仕方にあります。

よく「塩で味を整える」という言葉を聞きませんか?

これを「ハーブや香辛料で味を整える」に変えるだけでも減塩の効果があります。
また、ハーブや香辛料だけではなく、果汁を使う事も減塩に効果的でしょう。
揚げ物にソースや塩をかけて食べると美味しいですが、レモンを絞るだけでも同じぐらいの美味しさを得られますよね?
料理に何か足りないと感じたら、塩で味を整えるのではなく、ハーブや香辛料や果汁を使いましょう。

加工食品の摂取量を減らす

加工食品ってとても美味しいですよね。
ハム、ソーセージ、かまぼこ、明太子、干物、漬物…。
レトルト食品やインスタント食品と、上げるとキリがありません。
加工食品は、自分で調理していない分、知らず知らずに塩分を摂ってしまう代表的なものです。
しかも、それらは自分の想像している以上の塩分が使用されています。
特に注意していただきたいのが、長期保存の為に塩が使われているものです。
塩鮭や梅干し等、塩で保存するという先人の知恵はとても素晴らしいものです。
しかし、

飽食の現代において、塩で保存する必要があると思いますか?

わざわざ塩で保存されたものは、あくまで嗜好品と考えて下さい。
もし喫煙者に「タバコは体に悪いからやめた方がいいよ!」というアドバイスをされるのであれば、同じように「加工食品は体に悪いからやめた方がいいよ!」と私からアドバイスさせていただきます。

外食では定食を注文しない

外食する場合、高級なお店での食事であれば、旬の食材、新鮮な食材を使い、そのものの味を楽しめるように、それほど濃い味付けがなされていない場合が多いです。
しかし、チェーン店や安価なお店は、全ての店がとは言いませんが、美味しいと感じてもらうために塩分量を多くしています。
ですので、

外食でわざわざ味噌汁や漬物がついている定食は注文する必要がないと言えるでしょう。

まとめ

ただ減塩しようと、塩分を減らすだけでは味気ない食事となってしまい、長続きしません。
しかし、旬の食材を使ったり、調味料を見直したり、塩を変えたり、香辛料を使ったりと、料理に工夫をする事で美味しく無理なく減塩の習慣を作ることが出来ます。
日本人は確かに寿命も長いし、健康的な生活を送っている方が多いです。
そんな日本人が最後まで不健康な習慣として持っているのが、塩分の摂り過ぎという習慣かもしれません。
より健康の為に、減塩の習慣をつけていきましょう!

Advertisement

雑記カテゴリの最新記事