健康食?塩分過多?和食に潜む落とし穴

健康食?塩分過多?和食に潜む落とし穴


最近、スーパーなんかでも「減塩」や「塩分何%カット」なんていう表示が当たり前になってきましたね。
そう日本中で、健康の為には減塩しましょうという流れになっています。
また、健康の為に「和食」もブームになっていますが、実はこの二つ矛盾している点もあるのです。
今回は、和食に潜む塩分と、減塩に関する情報をお伝えします。

Advertisement

実は塩分の多い和食

「和食」と聞くと、健康的なイメージを抱く方がとても多いと思います。
食の欧米化が招く健康被害がよく話題となり、健康の為に和食を食べる事が勧められています。
これは日本のみならず、世界中で和食は健康的だと評価されてきました。
確かに欧米の食文化に比べると、和食は発酵食品や低脂肪で栄養バランスのとれたものが多いです。
しかし、そこには大きな落とし穴があるのです。

実は和食は塩分量の高い食事なのです。

健康の為にと和食を毎日食べていると、塩分の過剰摂取に繋がってしまいます。

WHO(世界保健機関)が定める1日の塩分摂取量は5g未満です。

それに対し、日本の厚生労働省が推奨する、1日の塩分摂取量は、男性で8g未満、女性で7g未満と、WHOが定める摂取量よりも高いのです。
そして、これに対して最も重要なデータ、日本人の平均塩分摂取量ですが、男性で10.8g、女性で9.2gというデータがあります。
こう見ると、日本人はとても塩分摂取量の多い国民だと感じます。
それもそのはず、和食と言われて真っ先にイメージするものって何でしょうか?
焼き魚、味噌汁、お漬物、定食の定番のようなこのメニュー。
大体1食でWHOが定める塩分量を超えてしまいます。
1日3食和食を食べた時は、「なんて健康的な1日!」と思いがちですが、塩分過剰のリスクがあります。
それが和食だったのです。

日本人にとっての塩のリスク

日本人の塩分の摂取量が高いということは、前項でお伝えしましたが、日本と言っても地域差があり、北部の方に行くほど塩分の摂取量が多くなります。
塩分の平均摂取量が1日20gを超える地域もあり、塩分の摂取量が多くなると、高血圧になるリスクが高くなると言われています。
日本の北部の高血圧の有病率は3人に1人と言われています。
これがどれぐらいの多さなのか、比較しますと、アメリカの塩分の平均摂取率が約10gで、高血圧の有病率が大体10人に1人ほどです。
さらに、イヌイットの方は塩分の平均摂取量が4gほどで、高血圧の方がいないというデータもあります。
イヌイットの方は、食事に青魚を摂取する事が高血圧を抑制しているという声もあり、このデータを疑問視する見方もありますが、塩分と高血圧は少なからず関係性があると感じます。
近年、国を挙げて減塩に取り組んでいる事もあり、順調に塩分摂取量が減ってきているのですが、30代を超える男性は未だに塩分の摂取量は高いというデータもあります。
脳卒中や心筋梗塞により突然死するという話を周りで耳にする機会もありますが、こちらもやはり働き盛りの男性が突然死するというイメージがつきまとう原因にも、この塩分事情が少なからず関与しているのではないかという見方もあります。
人間の体は不思議なもので、塩分を過剰に摂取していても病気にかからない人も確かに存在します。
厳密には、何が悪いという事は分からないのかもしれませんが、塩分量は日本人にとってリスクとして考えてもいいのかなと感じます。
健康で長生きの日本人にとって、最後の砦がこの減塩への取り組みなのかもしれませんね。

Advertisement

減塩する事で長寿になるの?

塩分の過剰摂取は健康を害すると言われています。
では、減塩をするだけで長寿にそのままつながるのか、気になるところですよね。
実は、減塩だけが長寿のキーワードとなっているわけではありません。
前述しましたように、日本の北部地域ほど塩分の摂取量が多く、平均寿命も短いという不名誉なデータが以前はありました。
そこで、塩分の摂取量を減らす運動が巻き起こりました。
以前、塩分の摂取量が高かった地域が、軒並み減塩に成功して行ったのですが、蓋を開けてみると、

平均寿命の伸びに差が出る結果となったのです。

一見すると、塩分量を抑えても寿命が伸びないようなデータですが、ここには裏がありました。
減塩で平均寿命が伸びた地域は、併せて野菜の摂取量も多かったのです。
これには、ナトリウム(塩)とカリウム(野菜)の関係があり、

カリウムは余分なナトリウムを体外に排出する働きがあるのです。

ホウレン草、カボチャ、バナナ、アボカド、ワカメ、大豆等によく含まれると言われているカリウム。
このカリウムの摂取が減塩の効果を飛躍的に上げ、長寿につながるという関係性が成り立つのです。

まとめ

和食は健康食品の宝庫と言われ、国内のみならず海外からも注目されています。
しかし、一方で塩分量が多いという落とし穴も存在します。
日本人に高血圧がつきまとう要因としても考えられており、減塩する事が健康にとって重要と言えるでしょう。
しかし、美味しいものを食べたいという意識は誰もが持っている事でしょう。
日本で生きている上で塩分量を極端に減らす事はなかなか難しい事かもしれません。
単純に塩分量を下げる事に注力するだけでは無く、野菜や果物からカリウムを摂取することも重要となってきます。
次の記事では、もう少し踏み込んで減塩に関しての情報をお届けします。

Advertisement

雑記カテゴリの最新記事